アーティチョークのパテ

アーティチョーク。
日本ではまだ馴染みがないかもしれませんが、
イタリアではカルチョーフィと呼ばれ、一般的な野菜として前菜などに使われます。



独特な風貌ですが…
安心してください。
食べられます!
アーティチョークはゴボウの1.5倍ほどの食物繊維量を含むなど、栄養面でも大変優れているのです。

地中海沿岸では春先から身近な食材として用いられ、ソテーにしたり、サラダにあえたり、普通の野菜として食卓にのぼります。

でも、日本でアーティチョークを購入して調理するのはなかなか困難ですね。


そんな時には!
MASTROTOTARO社の「アーティチョークのパテ」。




こちらのパテはソラマメに似た味わいで、お料理のアクセント使いに最適です。
パンに乗せてブルスケッタにするのはもちろん、白身魚のカルパッチョやサンドイッチの具材におすすめです。

そんなアーティチョークをもっと気軽に味わってみたい方に朗報ですが、現在イタリアンバールブオングスタイオのランチでお出ししている「エビとトマトのアーティチョークソースのパスタ」がとっても美味しいです。







初夏の陽気に似合うアーティチョーク。
ぜひご賞味ください。
イタリアンバール ブオングスタイオ江戸川橋店
http://www.apidea.co.jp/bar.html

コメント

人気の投稿